CES 2023「ベスト・オブ・イノベーション」受賞のGerman Bionicが、安全な職場環境に向けて新世代のスマート・パワー・スーツとウェアラブル製品を発表

ロボティック・パワースーツのテクノロジー・リーダーが、今日の物理的労働者を防護、強化するAIベースのコネクテッド・ウェアラブル・ツールを公開

CES 2023: New, AI-powered smart wearable tools from German bionic that revolutionize workplace safety in physically demanding jobs

20231月4日、アウグスブルク/ラスベガス – German Bionicは本日、CES 2023において、身体的に負荷の大きい職場の安全性を革新し、作業をより安全に、より負担を軽減し、より魅力的にするAI搭載の新しいスマート・ウェアラブル・ツールを発表します。新しいスマート・ウェアラブル・ツールは以下の通りです。

  • Apogee™(アポジー)German Bionicの最も軽量で汎用性の高いAI対応パワースーツ
  • スマート・セーフティ・ベスト:すべての従業員に人間工学に基づいたモニタリングと保護を提供するスマート・ベスト
  • German Bionic IO™:職場の人間工学と安全性をインテリジェントに管理・分析するクラウドベースのソフトウェア・プラットフォーム 

また、CES2023「ベスト・オブ・イノベーション」(ウェアラブル・テクノロジー)賞を受賞したCray X パワースーツも展示・デモが可能で、すでにロレアル、JBS、エコラボ、ランクセスなどの企業、DPDなどの多くのグローバル物流企業、空港、英国の大手家電チェーンCurrysなどの小売業者から広く信頼されています。CESの来場者は、202315日から8日まで、ブース7141Tech East, West Hall)でGerman Bionicをご覧いただけます。

Apogee(アポジー):職場で活躍するスマート・ロボティックパワースーツ
鮮烈なデザインでAIを搭載したApogeeは、German Bionicの次世代スマートロボティック・ウェアラブルツールです。従来モデルよりもさらに軽量化され、適用領域が広がりました。防塵・防水仕様のこのデバイスは、持ち上げ動作ごとに最大30kg腰を支援し、アクティブな歩行支援により疲労を最小限に抑え、職場の安全性を最大限に向上します。Apogeeは職場で活躍しやすく、物流、建設、介護など、重いものを持ち上げたり運んだりすることが日常的に行われる場所で即効性を発揮します。

スマート・セーフティベスト:人間工学に基づいた保護具をシンプルに、すべての人に。
German Bionicのスマート・セーフティベストは、高度なセンサー技術とAIの力を取り入れ、データに基づいてパーソナライズされた人間工学的な洞察を提供するとともに、ボタンを押すだけで測定の結果や推奨アクションが表示されます。職場で活躍する独自のインサイトに加え、人間工学的なリスクと改善の機会をピンポイントで特定し、実施する仕事の種類にかかわらず、高いレベルでの病気や欠勤の原因となる疲労や怪我を軽減することが可能です。

German Bionic IO: 職場で活躍する人間工学データプラットフォームの最先端を行く製品。
CES 2023で発表される二つのイノベーションの中核をなすのは、画期的なクラウドベースのGerman Bionic IOプラットフォームです。これは、労働安全衛生を測定可能にするだけでなく、可視化することができます。このシステムは、Apogee(アポジー)、Cray X、スマート・セーフティベストから収集したデータをインテリジェントに分析し、機械学習とAIを適用して、装着者のあらゆる動作を継続的に学習して安全効果を強化します。環境と機器に応じたリスク、傾向、プロセスの最適化を見つけます。例えば、姿勢の悪さや間違った持ち上げ方、過度の負担のケースを警告する、人間工学のための早期警告システム、スマート・セーフティ・コンパニオンにより、German Bionic IO プラットフォームは、包括的なモニタリングとレポート機能、および実際の関連データに基づく個別の推奨アクションを提供します。

「新しいウェアラブル製品により、私たちは、より安全で持続可能な仕事に必要なツールを、ハードワークする人々に提供しています。新しい人間工学的ウェアラブル製品である Apogeeとスマート・セーフティベスト、そして受賞歴のある Cray X パワースーツにより、マニュアル作業が行われるあらゆる企業や職場環境に適切なサポートを提供できます。また、German Bionic IO データ・プラットフォームにより、職場で活躍する人間工学およびプロセスのための強力な分析ツールを提供します」とGerman BionicのCPO、Norma Stellerは述べます。

スマート・ウェアラブル製品で労働力不足と筋骨格系障害との戦いに勝つ
マニュアル作業に依存する産業や クリティカルなインフラ事業者は、深刻な労働力不足に直面しており、従業員の高齢化や怪我による一時的・永続的な労働力不足がさらに深刻になっています。世界保健機関(WHO)によると、特に筋骨格系障害(MSD)は、世界で約17億1千万人が悩まされており、腰痛が最大の原因であることから、世界中で身体的障害を引き起こす主な要因になっています。重い重量物を繰り返し持ち上げることは、筋骨格系に大きな負担をかける活動であり、MSDの発症につながる可能性があります。

米国医学研究所は、欠勤、補償費用、賃金損失、生産性損失などの観点から、職場で活躍するMSDの経済的負担は、米国だけでも年間450億~540億米ドルに上ると見積もっています。また、人口の高齢化が進むにつれ、これらの数値は上昇することが予想されます。

German BionicのApogeeやスマート・セーフティベストのようなパワースーツやスマートウェアラブル製品は、このような事態を防ぐために重要かつ定量的な貢献をする主要な技術です。これらは、身体的に負荷のかかる職場の安全性にとって真の革新であり、仕事をより安全に、より負担の少ないものにし、その結果、既存の従業員や志願者にとってより魅力的なものにすると同時に、生産性を向上させるものです。

「スマート・ウェアラブル製品は、システム・クリティカルな業務で日々過酷な身体的作業を行う人々を、過労や怪我から守るためのものです。持ち上げや持ち運びをメカニカルに支援し、スマート・アシスタンス・システムを活用して、不適切な持ち上げや休憩のタイミングなどをユーザーに知らせます。German BionicのCEO兼共同創業者であるArmin G. Schmidtは、「過度な負荷による病気や事故による休業が減り、従業員の幸福度が高まるだけでなく、生産性も向上します」と述べています。「私たちは、これを社会全体の利益と考え、私たちの技術でこれをさらに発展させていきたいと思います」と述べます。

Apogeeパワースーツ、Smart SafetyVest、German Bionic IOプラットフォームなどの新世代German Bionicスマート・ウェアラブル製品は、CES 2023「ベスト・オブ・イノベーション」賞を受賞したGerman Bionic Cray X 産業用パワースーツとともに、ラスベガスのCES、ブース7141(Tech East, West Hall)で2023年1月5日から8日まで初公開・体験いただけます。