製造業

その他の画像
BMW従業員のための外骨格
インフレ、部品不足、出荷遅延がすでに製造業にとって課題となっている中、シフトを担当する人材の確保と維持は、懸念に拍車をかけています。

パワースーツのような従業員の安全を守るツールを導入することで、企業は従業員の福利厚生に対するコミットメントを具体的に示すことができ、病欠の減少や労働力としての人材の獲得を見込むことができます。
ヘルスケアでパワースーツが活用されることが多いエリアと作業:
加工工程
原材料の加工では、重いものを持ち上げたり、工場内を移動する必要があるため、従業員の体に負担がかかります(食品製造では、穀物や冷凍肉などの重い袋を移動する場合など)。職場での怪我を防ぐために、パワースーツのようなウェアラブル製品は、身体への負担を軽減し、仕事に関連した筋骨格系の怪我や障害が最も多い腰部をサポートすることができます。
組立
自動車のタイヤ組立のように、部品の加工や組立に従業員の身体的な負担がかかる場合、パワースーツを活用することで、1回の持ち上げで最大30kgの持ち上げを支援できます。
生産ライン
生産ラインのように長時間身を乗り出すような作業では、上体保持と姿勢サポートを提供するウェアラブル製品が従業員に有効です。抵抗が加わることで、体が直立し、腰への負担が軽減されます。
その他の画像
BMW従業員のための外骨格
見積もり書
"本当によく機能し、フィット感もよく、ハイキング用のバックパックを背負っているような感覚にかなり近いです!"
ベネディクト・シュマルカルト(Benedikt Schmalkalt
オートモーティブ・メカトロニクス・テクニシャン
BMWダルムシュタット
"パワースーツは、私たちにとって特別なツールです: 特定のタスクのためのツールであると同時に、従業員への感謝の表現でもあります。"
デイヴィッド・ウィルケ
ライフェンミューラー社
ゼネラルマネージャー
より多くの産業