インベストEU: EIB、パワースーツの製造メーカーであるGerman Bionicの研究開発に1,500万ユーロを投資し、先端技術による職場の安全確保に貢献

  • 人工知能(AI)とロボティクスを融合し、安全で持続可能な労働環境を実現する欧州のフラッグシップ・プロジェクト。
  • テクノロジー・リーダーによる先進的なパワースーツは、物流や介護に携わる人々の持ち上げや搬送作業を支援します。
  • EIBの融資は、欧州連合の新しいプログラムであるインベストEUの支援を受けます。

欧州投資銀行(EIB)は、アウグスブルクのテクノロジー企業であるGerman Bionicが設計・製造するAIベースの人間-機械システムのさらなる開発に1500万ユーロを投資します。同社のスマート・パワースーツは、物流業者や介護職員が身体に負担のかかる仕事、特に重い荷物を持ち上げや搬送を支援します。

EIB のベンチャー融資は、German Bionic の研究開発に活用さ れます。 ベンチャー融資は、急成長するイノベーション企業のニーズに対応した融資です。その収益は、企業の成功に大きく左右されます。ベンチャー融資は、創業者の株式を希釈化することなく、既存のベンチャーキャピタルからの融資を補完するものです。この契約は、実施パートナーのリスク許容度を高めるためにEUの資金保証を提供し、EUの政策優先事項に対する官民の投資促進に貢献するインベストEUの支援を受けています。

German Bionicは、アクティブ型のスマートなパワースーツ・システムを提供する先進企業です。Cray Xは、世界初のAIを搭載したコネクテッド型の現場向けパワースーツです。自己学習を活用し、持ち上げ動作を支援し、悪い姿勢を防止します。このパワースーツは、作業中にリアルタイムで人間工学に基づいたデータを提供し、従業員の健康を守り、事故のリスクを著しく低減させ、それによってワークフローを改善することも可能にします。

現行バージョンのパワースーツは、最大30kgの持ち上げを支援し、屋外での利用にも対応しています。先日、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2023のウェアラブル・テクノロジー部門でベスト・オブ・イノベーションに選出されました。同社は、2023年初頭にさらなる製品イノベーションを展開する予定です。

「EIBは、欧州連合内で開発・製造される革新的で持続可能な先端テクノロジーを支援しています。このプロジェクトは、産業用パワースーツ市場において、技術競争力と事業機会の面で欧州の主導的地位を固めるとともに、高い技能を持つ雇用を維持・創出することに貢献します。我々は、この欧州のサクセスストーリーを支援できることを嬉しく思います」とEIB の副総裁でドイツでの活動を統括する Ambroise Fayolle 氏は述べています。

欧州委員会のPaolo Gentiloni委員は、「インベストEUは、企業が先進的な研究開発に必要な資金を調達できるよう、欧州全域で重要な役割を担っています。今回の契約は、欧州が実世界に応用可能なイノベーティブな製品の開発における世界的リーダーとしての地位を維持できるような研究を支援するために、インベストEUが資金を提供した素晴らしい例です」と述べています。

「スマート・パワースーツ は、重要な作業をやり遂げるために日々過酷なマニュアル作業を行う従業員を、疲労や事故から守ります。このスーツは、持ち上げや運搬をメカニカルにサポートし、スマート・アシスタンス・システムを活用して、不適切な持ち上げや休憩を取るべき場合にユーザーへ通知します。これにより、疲労や病気による休業が減り、従業員はより幸福になり、より良い結果を得ることができます。私たちはこれが社会にとってポジティブであると考え、私たちの技術でこれをさらに発展させたいと考えています」と、German BionicのCEO兼共同設立者であるArmin G. Schmidtは述べています。

 

バックグラウンド情報 

欧州投資銀行(EIBは、欧州連合(EU)の長期融資機関であり、加盟国が出資しています。EIB は、EU の政策目標に貢献するため、適切な投資に対して長期的な資金を提供します。EIB は、気候と環境、開発、イノベーションとスキル、中小企業、インフラ、結束を主要な優先事項としています。EIB は他の EU 機関と緊密に連携し、欧州統合の促進、EU のさらなる発展、世界 140 カ国以上での EU の政策目標の推進に取り組んでいます。

インベストEUプログラムは、持続可能な経済を支援するために、民間と公共の大規模な資金を活用することで、欧州連合に長期的な資金を提供するものです。欧州グリーン・ディール、デジタル転換、中小企業支援など、EUの政策の優先順位に沿った追加投資の創出を支援します。インベストEUは、EUのすべての金融手段をひとつ屋根の下にまとめ、欧州における投資プロジェクトへの資金提供をよりシンプルで効率的、かつ柔軟なものにしています。このプログラムは、インベストEUファンド、インベストEUアドバイザリー・ハブ、インベストEUポータルの3つの要素で構成されています。インベストEUファンドは、262億ユーロのEU予算保証を活用してプロジェクトに投資する金融パートナーを通じて実施さ れます。この保証により、金融機関のリスク許容度が高まり、少なくとも3720億ユーロの追加投資が可能となります。

German Bionicは、スマート・パワースーツを開発・製造するドイツのロボット製造メーカーです。アウグスブルク、ベルリン、ボストン、東京にオフィスを構えています。German BionicのCray Xは、世界初の業務用コネクテッド・パワースーツです。自己学習する人工知能を活用し、持ち上げ動作を支援し、悪い姿勢を抑制することで、人間と機械間のインテリジェントな 連携を実現します。TÜV認証を取得したこのデバイスは、従業員の健康を保護し、事故のリスクを大幅に低減することで、作業プロセスを改善します。インダストリー4.0の中心に人を据えたこのイノベーティブな技術が評価され、German BionicとCray Xは、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2023のベスト・オブ・イノベーション、Fast Companyのイノベーション・バイ・デザイン賞、ジャーマン・ファウンダーズ賞など数々の賞を受賞しています。また、権威あるハノーバー・メッセのヘルメス賞にもノミネートされています。